産後抜け毛 原因

ほとんどの人が経験すると言われている産後抜け毛。

 

それにしても、産後抜け毛を引き起こす原因はいったい何でしょうか?

 

いくつか原因となる要因がありますが、
その中でも女性ホルモンのバランスの乱れは、大きな原因のひとつと言われています。

 

実は女性ホルモンは、二種類のホルモンで成り立っています。

 

その一つはエストロゲン。
そしてもう一つがプロゲステロンと呼ばれています。

 

妊娠中、女性の身体の中では、本来起きない大きな変化がたくさん起きています。

 

その一つが女性ホルモンの働きの変化。

 

普段はエストロゲンとプロゲステロンがバランスよく分泌されることによって
女性の様々な健康状態を支えてくれています。

 

そしてこの二つのバランスが崩れることを、
ホルモンバランスの乱れなどと呼び、女性の身体に悪い影響を与えることが知られています。

 

しかし妊娠中はなんと、赤ちゃんを守るために
女性ホルモンが大量に分泌されるようになるそうです。

 

そして女性ホルモンには、髪の毛が抜けないように制御させる働きもあります。
そのため、妊娠中は髪の毛が抜けにくくなると言われています。

 

しかし産後数ヶ月すると、大量に分泌されていた女性ホルモンの分泌が収まり、
一気に量が減少することに…その結果、
今まで抜けていなかった毛髪が一気に抜け落ちてしまうそうです。

 

その時に、産後抜け毛と言われる症状に繋がる訳ですね。

 

しかしこれは妊娠・出産によって、女性ホルモンのそもそもの働きが
通常とは異なる状態になるために引き起こされるもの。

 

こればかりは仕方がないと言えるのかもしれません。

 

せめてストレスや生活習慣の乱れなど、
育毛によくない他の原因を排除するように努力して、
ますます抜け毛がひどくならないように注意するのが良いのかもしれません。

 

そして新しい髪の生え代わりを促す方法を重ねて行って、
少しでもはやく豊かな髪に戻れるように頑張っていきましょう。

 

ママは毎日忙しくて大変ですが、
少しずつの努力を重ねていくことこそ、抜け毛対策の第一歩と言えるかもしれませんね。