産後 ホルモンバランス

さて、産後の薄毛についていろいろな点を考えてきました。

 

しかしここではっきりと言えることがあります。
産後の薄毛は、通常の時に起きる薄毛と違い、
一大原因ともいえる現象があるということです。

 

それが産後のホルモンバランスの乱れ。

 

これはもう、乱れているなんていう言い方では優しすぎるくらい、
妊娠・出産によってとても大きな変化が訪れると言っていいと思います。

 

本来は二種類のホルモンがバランスよく分泌されている女性ホルモン。

 

しかし、人の身体は不思議なものです。

 

女性は妊娠の後、赤ちゃんを守るかのような身体の働きが自然に起こり、
女性ホルモンの分泌がかなり増えるというのです。

 

それによって胎盤を造り上げて流産しにくくさせると同時に、
赤ちゃんがより良い環境で大きく成長できるようにするんだそうです。

 

そして、この女性ホルモンの増加によって、
副次的な効果として、通常起きるはずの抜け毛も少なくなるという現象が起きます。

 

しかし出産を終えると、二つの女性ホルモンは急に普段の分泌量に戻ります。
ただ戻るだけとはいえ、妊娠中とくらべたら女性ホルモンが一気に減るということに。

 

結果として急に抜け毛が増えてしまう、産後抜け毛の減少に至ってしまいます。

 

またこの女性ホルモンのバランスの乱れは、
女性の心にも大きな影響を与えます。

 

結果、普段なら反応しないことにも過敏になってしまい、ストレスを感じやすくなる傾向にあります。
これも頭皮の環境にとって悪影響。
抜け毛の原因になることも少なくありません。

 

しかし生活習慣の乱れなどで起きるホルモンバランスの変化とは違い、
妊娠・出産によるホルモンの分泌の変化は自分では防ぎきれないもの。
なんとかこの症状と、お付き合いしていくしかありません。

 

できるだけストレスを溜めないように気を付けて、
体調管理も十分に、心と体を整えていきましょう。

 

そうして、新しく髪の毛が生えてくるのを赤ちゃんと一緒に待ちましょう。

 

きっと赤ちゃんと一緒にオシャレが出来る、そんな日がすぐそこに待っていますよ♪