高齢出産

昨今は晩婚化が進んでいると言われています。

 

そしてそれに伴い、出産も高齢化が進んでいるようです。

 

30代で高齢出産と言われていた時代も今は昔。
40代での出産も、当たり前となってきました。

 

しかし、ここでこんな意見が聞かれています。
高齢出産のほうが抜け毛がひどくなる?という見方です。

 

これから出産を控えている方にとってはちょっと恐ろしいこの情報…
いったいなぜそう言われているのか、考えてみましょう。

 

そもそも女性は年齢を重ねるごとに、抜け毛の問題と戦わなくてはならなくなってきます。

 

その原因は女性ホルモンの減少。
髪の毛に有効な成分である女性ホルモンの分泌が少しずつ減ることで、
今生えている髪の毛も抜けやすくなってしまいますし、
新しい髪の毛が生えてくることにも歯止めがかかってしまうんですね。

 

そこへ妊娠・出産という体調の大きな変化が加われば、
抜け毛へまっしぐらになってしまうのも分かるような気がします。

 

加えて年齢を重ねるごとに、どうしても認めなければならないのが回復力の少なさ。

 

20代の最初の出産の時は、産後抜け毛を経験しても、
しばらく時がたてば知らない間に回復して、
元通りの髪の毛の量になったという人もいるようです。

 

しかし高齢出産の場合、産後抜け毛が回復しないままに
更年期の時期にまで突入し、そのまま抜け毛が治まらないということもあるようです。

 

そうなってくると大問題!
一刻も早く対策を練りたいところです。

 

ここは時期が薄毛を癒してくれるのをただ待つよりは、
育毛剤の使用へと気持ちを切り替えていった方がいいのかもしれません。

 

どちらにしても30代・40代にはそろそろ育毛の事を考えなくてはいけない時期と言われています。

 

髪用の美容液の使用や、シャンプーを変えたりなど。
早めに育毛の習慣を身に着けることで、
その後に控えている更年期の抜け毛にも備えることができることでしょう。

 

高齢出産は、ただでさえ女性の身体に大きな影響を与えます。
しかしいつまでたっても女性は美しくいたいものですから!

 

育毛に関する情報を上手に使って、キレイを保ちたいものですね。