女性用育毛剤 添加物

女性にとって欠かせない、キレイな色のコスメ。

 

しかし、そのキレイな色も、
人体に有益とは言えない添加物で出来ている場合もあります。

 

その一つがタール色素です。
過去にタールから合成される色素であったため、この名前がついていますが
現在はタールを原料として作られることは少なくなっているようです。

 

しかし、主に化学的な原料から作られていることが多いので、
わたしたちの体に積極的に取り入れたいものかというと…
やはり心配な部分が多いようですね。

 

特に化粧品には、食用としては使えないタール色素が使われている場合もあるようです。

 

口にすると有害なものを、皮膚から取り入れるということには、
ほとんどの人が抵抗を感じるのではないでしょうか。

 

しかし、色合いのイメージというのは大きなもので、
シャンプーやコンディショナーにも、それらしい色が付けられていることは多くあります。

 

同じように育毛剤にも、あたかも効果が強く表れるようなイメージを出させるために
タール色素が含まれている場合もあるようなのです。

 

髪にとってマイナスなものは出来るだけ省きたいのに、
そもそも人体にとって有害な添加物を、育毛剤から取り入れるなんてことにはなりたくないですね。

 

そう、その有害さはいろいろな研究から明らかになっているようです。

 

タール色素にもさまざまな種類がありますが、
さらに中には発がん性が確認され、国外では使用が禁止されているものもあります。

 

そしてアレルギー症状も軽く見てはいけません。

 

アレルギー症状の中でも重大な症状を引き起こす
アナフィラキシーショックを誘発しかねない色素も中にはあるようです。

 

何にでも含まれている可能性のあるタール色素ですから、
まさか自分が添加物のアレルギーを持っているなんて知らなかったという方もいます。

 

その他のアレルギーも併発している方だと、
そこから来ている症状だと勘違いして、検査をしないうちに
どんどんタール色素からくる有害物質を体に取り入れ続けてしまう場合も…。

 

なにかおかしいな、と思ったら、専門医に相談することも必要ですね。

 

自然の恵みを得ている「ように」見せる色のついた育毛剤よりも、
まさに自然の恵みから来ている育毛剤を選んだ方が、
自分の体にも髪にも有益なんじゃないかと思います。