女性用育毛剤 添加物

わあ、このコスメすごい!すぐにお肌がしっとりつやつやになる!

 

…って喜んだ経験、女性なら何度もあるかもしれません。

 

特に昔は化粧品に含まれる添加物について、
消費者であるわたしたちが多くの情報を得ることが出来ませんでした。

 

何も知らないで、配合されていた添加物によって
うるおったと感じさせられていた可能性もあるのかもしれません。

 

そう、実はとある添加物によって、うるおいを錯覚させられることがあるんです。

 

それを引き起こすのが合成ポリマーです。

 

高分子樹脂である合成ポリマーは、わたしたちにとって身近なさまざまな商品に使用されています。
例えば、ラップや合成ゴム、プラスチック製品、紙おむつなどなど…
そんなものがなぜ化粧品に?と思われるかもしれませんね。

 

一部の合成ポリマーには、水分を含む性質をもったものがあり、
それが化粧品に含まれている場合があるのです。

 

その化粧品をお肌にのせると、
まるでお肌が一時的につるつるしっとりになったかのように感じることができるので、
とっても便利な添加物のようです。

 

ただ、実際には本当にお肌にうるおいが保たれているわけではないので要注意。
それどころか、合成ポリマーは細胞の老化を早めるという見解さえ出されているようです。

 

細胞が老化して活性化しないというと…気になるのは自分の頭皮や毛根。

 

育毛剤に配合されていたら、逆効果になってしまうような気がしますね。

 

また、合成ポリマーの種類によっては水溶性では無いものもあるようです。
もし水で落ちないとなれば、頭皮にいつまでも添加物の膜が張ってしまうことに。

 

これは育毛にとっては大変マイナスな要素です。

 

頭皮を清潔にすることこそ、育毛の第一歩にも関わらず、
それさえ出来なくなってしまう可能性があるからです。

 

自分が購入しようとしている添加物に、合成ポリマーが配合されているかどうか?
しっかり確認する必要がありますね。

 

綺麗な頭皮を保って、そこに育毛剤の有効成分をしっかり浸透させることで
女性の薄毛の悩みに対処していきたいものです!