女性用育毛剤 添加物

お肌の天敵、紫外線。

 

日焼けやシミの原因となるだけでなく、
頭皮からも元気を奪うので、育毛への悪影響も指摘されています。

 

でも、頭皮に日焼け止めクリームを塗る訳にはいきませんよね… 。

 

それにしても日焼け止めクリームは、なぜ紫外線からお肌を守ってくれるのでしょうか?
実は、紫外線吸収剤のおかげなんです。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を取り込んでそれを別のエネルギーに変換する働きがあります。
それによって、自分の肌に紫外線やその悪影響が働かないようになるんですね。

 

ただ紫外線吸収剤によって、肌荒れを起こす人もいるので要注意。
さらには紫外線吸収剤である成分のひとつに、発がん性が認められたこともあります。

 

できれば配合は避けたい紫外線吸収剤。

 

しかし、紫外線そのものの肌への影響も考えると、
日焼け止めクリームなどを使った方がいいのか悪いのかは、
その人の判断次第となるかもしれません。

 

が、ここで考えたいのは女性用育毛剤のこと。

 

そもそも女性用育毛剤に、紫外線吸収剤は必要なのでしょうか?

 

まずは育毛剤を使うタイミングを考えてみましょう。
やはり高い効果を期待するなら、育毛剤を使うのはシャンプーをして
頭皮が清潔な状態になった後ですよね。

 

とすると、お休み前にお風呂に入る人が多いかもしれません。

 

ここでちょっと考えてみてください。
睡眠前に次の日のために、日焼け止めクリームを塗るなんてことがあるでしょうか?

 

つまり、女性用育毛剤に紫外線吸収剤が含まれて
頭皮への紫外線の悪影響を防いでくれたところで、
睡眠前に使用していたら、朝起きて出かけるまでには
紫外線対策としての効果は無くなってしまうことになります。

 

そう考えると、女性用育毛剤に本当に紫外線吸収剤が必要なのでしょうか?

 

とくに効果が期待できない上、肌にも有害な成分となれば、
やはり配合されていない方がよい添加物といえるかもしれませんね。

 

頭皮への紫外線対策は、女性用育毛剤に頼らなくてもいくつもの方法があります。
帽子や日傘で対策すれば、同時に顔のお肌への紫外線だってカットできます。

 

頭皮に負担のかからない方法で、紫外線対策も頑張っていきましょう!