女性用育毛剤 添加物

最近にわかに聞かれるようになった、「界面活性剤」という言葉。

 

なんとなく肌に悪い添加物というイメージはありますが、
そもそも界面活性剤とはなんでしょうか。

 

界面活性剤はたくさんの種類に分かれていますが、
簡単に説明すると、水や油などの本来なら混ざり合わない物質の境界線部分に働きかけて
その二つをなじみやすくさせ、混ぜさせるための成分です。

 

種類によって働きもいろいろと異なりますが、
わたしたちの身近な商品の多くに界面活性剤は用いられています。

 

洗剤や歯磨き粉、シャンプーや化粧品…そして育毛剤にも。
まさにわたしたちの生活にかかせない成分と言えるでしょう。

 

そんなに当たり前に使われている成分に、
なぜ肌に悪いというイメージが定着してしまったのでしょうか。

 

界面活性剤が持っている機能のひとつに、汚れを洗浄する性質があります。

 

実はこの洗浄力が問題で、
肌の汚れだけではなく、本来肌に必要な皮脂や角質まで落としきってしまうため
結果として肌荒れに繋がる場合があるようです。

 

もちろん頭皮にも同じことが言えるので、
ある種の界面活性剤は、頭皮や育毛には悪影響ということに。

 

ただ、全ての界面活性剤が悪い影響を与えるわけではないようです。

 

実は界面活性剤には、植物系と石油系という二種類があるんです。

 

これ、どっちが頭皮に悪いと思いますか?
やっぱり植物系が良くて、石油系が頭皮に悪い?

 

…と、思いがちなのですが、実はこれ、
最終的な成分による表示の分別で石油系と植物系が分かれているだけで、
本来の原料が何かははっきりとは分からないようです。

 

ただ、一部の界面活性剤が頭皮に悪い影響を与えるのは確かなので、
きちんと成分表を確認した育毛剤選びが必要です。

 

特に女性用育毛剤と言えば、地道に使用することで長期的な効果を期待するもの。
少しずつ配合された界面活性剤が、どんどん肌に蓄積されていくとしたら…
少し怖いものがありますね。

 

現在は石油系界面活性剤を配合していない、
頭皮にいいとされるアミノ酸系シャンプーなんかが話題になっています。

 

同じように頭皮のことをきちんと考えた育毛剤を選びたいものですね。