女性用育毛剤 添加物

ノンシリコンシャンプー。
髪の毛に不安が出てきた人であれば、誰でも気にしたことがある言葉だと思います。

 

ただ、今更ながらこのノンシリコンが、どういう意味かよくわからない!
シリコンの何が髪に悪くて、ノンシリコンの何が髪に良いのかピンとこない。
そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

かくいうわたしもその一人…
そこで今回は、育毛剤にも入っていかねない、シリコンについて考えたいと思います。

 

実は、シャンプーなどに含まれるシリコンは、
私たちが「シリコン」と聞いて思い浮かべる、あの固形のものとは違うようです。

 

加工によって液体にも個体にもなるシリコン。

 

育毛剤や育毛促進剤、またシャンプーなどに配合される場合は、
指通りをするりと滑らかにするために配合されるようです。

 

分かりやすく、育毛剤とも深い関係があるシャンプーで考えてみましょう。

 

少し前の記事で考えた、界面活性剤。
それが配合された、洗浄力が強すぎるシャンプーなどが、
髪や頭皮に実は良くないということがわかってきているようでした。

 

その洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、髪がキシキシする感じになります。
一昔前のシャンプーって、そんな感じでしたよね…
今のシャンプーは指通りがいいなあ、なんて思っていたら、
それに一役買っていたのがシリコンだったようで。

 

キシキシ感の出てしまう洗浄力の強いシャンプーに、
シリコンを加えることで、シリコンが髪をコーティングし、
するするとした指通りを実現してくれているのです。

 

ただ、コーティング機能があるとすると、
育毛を考えている私たちにとってはプラスのことばかりではありません。

 

頭皮に一枚コーティングがされた状態で、育毛剤を使っても効果が出にくい気がしますよね。

 

それに、なるべく毛根付近を清潔に保ちたいという気持ちもありますので、
指通りのためにそこを犠牲にしたくないとも思えます。

 

シリコンにもいろんな種類がありますから、悪いと決めつけることはできませんが、
頭皮の環境を考えて、使い心地だけに左右されないようにしたいですね。